気持ちを明るく保つことは大変ですが、病と向き合い克服していく心が重要なのでしょう。

小児科医の普及
小児科医の普及
小児科医の普及

気持ちを明るく持って

病気になってしまうと心のモチベーションが下がってしまいます。
病気を治すことができても、人の心を治すことはできません。
心は自分で管理をしていき、できるだけモチベーションを高めて病気と向き合っていくことが大切です。
色々な医療機関があると思いますが、どうしても気持ちが下がってしまう人は精神科を受診することを勧められます。
精神安定剤を利用してしまうと、それが当たり前になり自分の心を自分でコントロールができなくなる傾向があるのです。
いつでも安定剤に頼るようになるので、お勧めできない薬なのです。
気持ちを明るく持つことは簡単なようで難しいことです。
特に体調が悪い時はイライラしてしまうのが人間です。
自分の病を子供に見立てて、自分の子供と向き合っていくことが大切だと思います。
悪いものだからといって消そうとするのではなく、悪いものと向き合い、一つずつ解決していくようにしていきましょう。
病という子供と対話をして、向き合う時間を作ることが大切です。
時には自分を苦しめることもあると思います。
しかし、向き合うことで耐えられる自分ができてくるのです。
病気から逃げようとするのではなく、向き合い克服していく強い精神力を身につけていくことができるのです。
楽しいことを考えることも良い方法です。
楽しい未来をイメージして、今の自分を受け入れていき病と向き合っていくことが大切なことなのです。
気持ちを明るく保つことは、とても素晴らしいことです。
色々なことに役立てていくことができることです。

健康・医療でも話題の医療は、このサイトをブックマークしましょう☆

Copyright (C)2017小児科医の普及.All rights reserved.